両耳につけるのが補聴器のスタンダード【ブログ】

補聴器は、片耳だけにつけるもの?両方の耳につけるもの??
意外と知られていないのですが、補聴器は両方の耳につけることを推奨されています。左右の耳ともに聴力が低下している場合は、ぜひ両方の耳に補聴器をつけてください。
「高価な補聴器を片方の耳に」つけるよりも、「お手頃な補聴器を両方の耳に」つける方が良いとされているくらいです。

両耳に補聴器をつけると良いとされる2つの理由とは

どうして両耳に装用するのが良いのでしょうか?理由としては大きく2つあります。

1.音の方向感や距離感をつかみやすい

補聴器を両耳に装用すると、左右どちらの耳からも情報が入ってきます。これは、本来の人間の耳と同じような状態となります。両方から音が入ってくることにより、音の方向感や距離感がつかみやすくなります。普段の生活が楽になるだけでなく、例えば「気が付かないうちに自動車が後ろから近づいていた」などといった危険を避けやすくなります。

2.騒音下での言葉が聞き取りやすい

脳は騒音がある状態でも、聞こえてきた音を分析して、必要な言葉だけにフォーカスして聞き取る能力を持っています。補聴器を片耳だけに着けた状態では入ってくる音の情報量が少ないので、十分に分析できず、聞き取れないことがあります。両方の耳の聞こえが改善されることで、この能力を発揮しやすくなります。

もちろん、すべての人に両耳での装用が必要なわけではありません。片耳だけが難聴だったり、片耳が完全に失聴していたりする場合は、片耳だけの装用になる場合もあります。どの耳に補聴器をつければよいかは、耳鼻咽喉科の先生にご相談ください。

 

その時々あなたの聞こえに合う調整を

人間には耳が2つあります。頭の左右離れた場所にあるそれぞれの耳からが集めた音を脳が処理することで、様々な情報を得ているのです。片方だけが良く聞こえるようになっても、脳は正しく音を処理することができません。聞こえを補うのであれば、左右均等に補うべきなのです。
片方の目にだけメガネをかける人が(少なくとも最近は)いないように、補聴器もぜひ両方の耳につけてください。