【補聴器保管用ケース】

Vibe 補聴器 保管用 ケース

¥980
簡単に無料会員登録してキャンペーンなどのお得情報を受け取る>

Vibe 補聴器 保管用 ケース

¥980
カートに追加する

Vibe補聴器専用の保管用ケース

【商品の特徴】

  • どのVibe補聴器にもお使いいただけます。
  • ケース内側に衝撃を吸収するクッションが付いています。
  • 補聴器本体に同梱されていたケースと同じものです。

商品情報
ブランド Vibe
サイズ H65mm×W85mm×D30mm

最近チェックした商品

Blog&Video

お役立ち情報

ご存知でしょうか? 集音器は難聴の方向けに製造されていません。【Vibe補聴器ブログ】

ご存知でしょうか? 集音器は難聴の方向けに製造されていません。【Vibe補聴器ブログ】

集音器や補聴器の購入検討する前に、どちらの特徴も事前に知っておくことが重要です。 補聴器と思って購入した後に、実はよく調べてみると補聴器では無く集音器だったりする場合がございます。 近年インターネットを使いECモールなどで『補聴器』と検索すると、実際には多くの集音器が表示されてしまう現状がござ...

もっと読む
補聴器の聞こえ方は?補聴器の種類についても解説

補聴器の聞こえ方は?補聴器の種類についても解説

補聴器で聞こえる音は、機械を通して聞く音です。直接耳を通して聞く音とは、多少異なります。 この記事では、補聴器の聞こえ方や補聴器の種類について解説します。補聴器を通して聞こえる代表的な音についても解説しているので、補聴器の購入を検討している人は参考にしてください。。 【目次】 補聴...

もっと読む
image

集音器と補聴器の違い|メリット・デメリット・選ぶ際のポイントを解説

補聴器と集音器は、性能や分類、使用目的などの違いがあります。聞こえ方の症状によって、それぞれの選び方も異なるため注意が必要です。 この記事では、補聴器と集音器の違いやメリット・デメリットなどを解説します。補聴器と集音器を選ぶ際のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。 ...

もっと読む
補聴器は両耳装用すべき? 基本情報からメリット・デメリットまで解説

補聴器は両耳装用すべき? 基本情報からメリット・デメリットまで解説

補聴器の購入を検討している人には、片耳ではなく両耳での装用がおすすめです。 この記事では、補聴器の両耳装用について、基本情報からメリット・デメリット、価格相場、種類などを解説しています。 補聴器の購入を検討しており、片耳か両耳かどちらにすべきか悩んでいる人は参考にしてください。 ...

もっと読む

Vibe(ヴィーブ)はご自身で購入・フィッティングできる補聴器。
もっと簡単に、もっと身近に使用いただける補聴器をコンセプトにしています。

Vibeについて詳しく見る